音楽堂で聴く聲明 四箇法要―花びらは散っても花は散らない

【音楽/その他】
2014年11月03日(月)
音楽堂の還暦週間の冒頭を飾るのは、仏教儀式の中で僧侶たちが伝えて来た声楽「聲明(しょうみょう)」です。 聲明は、日本音楽の源流であり、その歴史性と音楽性から、キリスト教のグレゴリオ聖歌と共に、優れた宗教音楽として高く評価されています。今回上演する「四箇法要(しかほうよう)」は、唄(ばい)・散華(さんげ)、梵音(ぼんのん)、錫杖(しゃくじょう)という、752年東大寺大仏開眼供養の際に唱えられたと記録にある日本最古の聲明曲と、平成24年に宮内康乃が作曲し音楽堂で初演された現代の聲明曲「海霧讃歎(うみぎりさんだん)」とで構成されています。 この「海霧讃歎」は、東日本大震災の津波で亡くなった女性が、生前に詠んだ短歌をテキストにした作品で、30人の僧侶たちの、鍛え上げた声だけで唱えられます。初演の際、木のホール全体に満ちるその声の響きに、大きな感動が巻き起こりました。 時代を超えて引き継がれていく音楽と祈りの世界を、音楽堂の音響と空間で、是非ご体感ください。 ※本公演は還暦特別パスの対象公演です。 ※プレトークがございます。 ※上演時間は約90分を予定しており、途中休憩はございません。 ※11月3日は月曜・祝日です。  

全席指定 一般4,500円 シルバー(65歳以上)4,000円 学生(24歳以下)2,000円 シルバー、学生券は、チケットかながわのみで取り扱います。枚数に限りがあります。 ※シルバー券は売り切れました。

神奈川県立音楽堂

公演検索

キーワード検索

条件検索



 ~
かながわメンバーズ先行発売/一般発売
  • 当日券情報
  • KAme かながわメンバーズ
  • 神奈川国際芸術フェスティバル
  • チケットかながわ×twitter
  • チケットかながわ×facebook
  • インターネットで
  • 電話で
  • 窓口で
  • 団体・グループ観劇・鑑賞について
  • 販売代行について