公演情報

神奈川県立音楽堂

音楽堂ヘリテージ・コンサート Ongakudo Heritage Concert

プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Prague Philharmonia

公演日: 2021年09月18日(土)

Bookmark and Share

開演:14:00 (開場:13:30)

聴く者の魂を深く揺さぶるボヘミアの音楽の決定版。チェコを代表する音楽家たちの渾身の演奏が木のホールを震わせる。

1994年、チェコの古都プラハに本拠をおくプラハ室内フィルハーモニーを母体に、指揮者ビエロフラーヴェクによって設立されたオーケストラ、「プラハ・フィルハーモニア」。モーツァルトや同時代のボヘミアの巨匠ミスリヴェチェックから現代の音楽まで幅広いレパートリーを誇り、「プラハの春」でのコンサートや海外公演も積極的に行って、日本でも人気の高い彼らが音楽堂に初登場する。現代のチェコを代表する指揮者であるスワロフスキーとともにお届けするのは、「わが祖国」より”モルダウ“、「新世界より」とチェコ音楽の決定版。さらにドヴォルザークのチェロ協奏曲のソリストは、ガスパール・カサド国際コンクールでカサド作品最優秀演奏賞ほか数々のコンクールで入賞し、チャイコフスキー国際コンクールで2位に輝いてすでに日本でもファンを獲得している、コロンビア生まれの俊英、サンティアゴ・カニョン・ヴァレンシア。豊かでふくよかな響き、魂の奥深くを揺さぶるボヘミアの「歌」が、「木のホール・音楽堂」をいっぱいに震わせるひと時となるだろう。こうご期待。


2021年春からスタートする<音楽堂ヘリテージ・コンサート>

開館以来多くの名手が訪れ「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」となってきた音楽堂で、次世代につなぐ人類の至宝(ヘリテージ)となりうる名手たちによる音楽の真髄を、主催、共催とりまぜておとどけする2021年春からの新シリーズです。お得なセット券も発売。ぜひ「木のホール」の美しい響きで、世界一流の音楽をお楽しみください。

<2021年度ラインナップ>

Ⅰ. 4/9(金)オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル
Ⅱ. 5/1(土)コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)ベートーヴェンへの旅「悲愴」
Ⅲ. 8/29(日)アンサンブル・アンテルコンタンポラン
Ⅳ. 9/18(土)プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Ⅴ. 9/26(日)イ・ムジチ合奏団
Ⅵ. 11/27(土)ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル
Ⅶ. 12/24(金)ゲルハルト・オピッツ ピアノ・リサイタル

※Ⅰ.4/9(金)オリ・ムストネン公演及びⅡ.5/1(土)コンスタンチン・リフシッツ公演は現在チケット販売を一旦休止しております。詳しくは個別公演ページをご覧ください。(2021年2月10日更新)

<お得なセット券> 発売日、価格の詳細は下記チケット欄をご覧ください。

●年間セット券 Ⅰ~Ⅶ 全7公演 豊かな響きで多彩な室内楽の醍醐味を1年通してお愉しみ下さい!
●ピアノセット券 Ⅰ,Ⅱ,Ⅵ,Ⅶ 4公演 いずれおとらぬピアノの巨人たちの超絶演奏をお聴き比べ下さい!
●アンサンブルセット券  Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 3公演 各分野で究極のアンサンブルを聴かせる世界一流の演奏をどうぞ!

※現在Ⅰ.4/9ムストネン公演及びⅡ.5/1リフシッツ公演は一旦販売休止のため除外して販売しております(2021年2月10日更新)


<開場・開演に合わせてJR桜木町駅から無料シャトルバス運行>

運賃無料でJR桜木町駅前バスターミナルからシャトルバスを運行しています。乗り場はこちらをご覧ください。公演によって運行時間は違います。*本公演のバスは事前予約が必要です。詳細は主催:神奈川芸術協会まで


ご来場前に必ずお読みください。

 

神奈川県立音楽堂における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのお願い

出演

プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Prague  Philharmonia
指揮:レオシュ・スワロフスキー
Leoš Svárovský, cond
チェロ:サンティアゴ・カニョン=ヴァレンシア
Santiago Cañón Valencia, cello

プログラム

スメタナ:交響詩「わが祖国」より“モルダウ”
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」

*出演者、曲目等は都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。

プロフィール

プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Prague  Philharmonia


プラハ・フィルハーモニア管弦楽団は、1994年に世界的な指揮者、イルジー・ビエロフラーヴェク(1946–2017)主導のもと創設された。今日ではチェコのみならず国際的に高い知名度を誇るオーケストラとなっている。このオーケストラを創設したビエロフラーヴェクは2005年に桂冠指揮者となり、2005年から2008年まではスイス出身のカスパル・ツェーンダーが首席指揮者を務めた。その後2008年から2015年まではチェコ出身で国際的に注目を集めるヤクブ・フルシャが首席指揮者、音楽監督に就任、2015-16年のシーズンからはフランス人指揮者、エマニュエル・ヴィヨームが率いている。いつも新鮮で活気に満ち、完璧主義であることが、創設時から刻まれるこのオーケストラの特性であり、コンサートでの演奏は常に音楽への愛情が表れている。当初よりハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどのウィーン古典派作品を核として取り組むことで得た、洗練された独自のサウンドが現在の多彩な表現力、高い評価につながっている。これまでにヴェンゲーロフ、ミュラー=ショット、マイスキー、サラ・チャン、イザベル・ファウスト、パユ、カウフマン、ダムラウ、ネトレプコなどと定期的に共演を重ねるほか、アルゲリッチ、ブロンフマン、シフ、ドミンゴ、ゲオルギュー、ガランチャ、フローレス、ハンプソン、コジェナー、ヴィラゾンなど世界的な演奏家と多数共演。海外ツアーや音楽祭への招待、世界的に著名なレーベルによるレコーディングも多く、ドイツ・グラモフォン、デッカ、スプラフォン、EMI、ソニー・クラシカル、ハルモニア・ムンディなどのレーベルより90タイトル以上のCDをリリース、多くの賞を獲得している。また、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団はプラハ市とチェコ共和国文化省によって長期的に支援されている。

チケット発売

01月26日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月28日 : 一般発売

料金

全席指定・税込 
S 12,000円 A 9,500円

◎音楽堂ヘリテージ・コンサート セット券(各公演の一般券またはS席のお得なセット。公演ごとに座席指定)
※4/9ムストネン公演及び5/1リフシッツ公演は販売休止のため除く(2021年2月10日更新)
年間セット券(シリーズ全体 ムストネン及びリフシッツ除くⅢ.Ⅳ.Ⅴ.Ⅵ.Ⅶ.5公演)34,000円 ← 37,500円のところ
アンサンブルセット券(Ⅲ.Ⅳ.Ⅴ.の3公演)23,500円 ← 26,000円のところ

●音楽堂ヘリテージ・コンサート 年間セット券
KAme会員先行予約 1月26日(火) 一般発売 1月28日(木)

●単独券/音楽堂ヘリテージ・コンサート アンサンブルセット券  4月以降発売 詳細は追って発表します

*神奈川芸術協会 045-453-5080(平日10:00~18:00/土10:00~15:00/日・祝休業)
*光藍社チケットセンター 050-3776-6184


*音楽堂ヘリテージ・コンサート セット券はチケットかながわ のみで取り扱い。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。

公演詳細情報

神奈川芸術協会

お問い合わせ

神奈川芸術協会  045-453-5080

主催

神奈川芸術協会/光藍社

あなたにオススメの公演