公演情報

神奈川県立音楽堂

音楽堂ヘリテージ・コンサート Ongakudo Heritage Concert

オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル Olli Mustonen Piano Recital

公演日: 2021年04月09日(金)

Bookmark and Share

開演:19:00 (開場:18:30)

チケット販売休止のお知らせ
「音楽堂ヘリテージ・コンサート オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル」公演は、1月よりヘリテージ・コンサートセット券を含むチケットの販売を開始しておりました。
しかしながら、政府による緊急事態宣言の延長、および海外からの入国制限をはじめとする様々な状況を鑑み、本公演のチケット販売を一旦休止することといたしました。
公演の開催方針につきましては、決定次第、あらためてWEBサイト等でご案内いたします。
お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、すでに本公演のチケットをご予約、ご購入されたお客様には、今後の開催方針を決定後、別途ご連絡をさせていただきますので、お手元にチケットを保管したままお待ちくださいますようお願い申上げます。


驚異的な集中力と強靭なタッチで聴衆を彼自身の創造する異世界へと旅立たせてくれる、フィンランドの鬼才ピアニスト、音楽堂に初登場

ピアニスト・作曲家・指揮者という3つの顔を持つオリ・ムストネン。それぞれの絶妙なバランスが、この“鬼才”の異名を持つ一人の音楽家を創り上げている。驚異的な集中力と強靭なタッチで作品に独特な表情をまとわせ、普段聴き慣れた曲の新たな一面を浮かび上がらせてくれる。「一寸先すら何が起こるかわからない」――そんな興奮と緊張感が会場を包み込み、2時間のコンサートが終わると、ふと現実世界に戻されるような不思議な感覚に陥る。そう、ムストネンの音楽はどこかアディクティヴで、聴衆を彼自身の創造する異世界へと旅立たせてくれるのだ。「木のホール」と呼ばれる由緒ある神奈川県立音楽堂で、伝統と革新が交差する瞬間。これこそ、“今”を生きる私たちの魂の糧となるに違いない。


2021年春からスタートする<音楽堂ヘリテージ・コンサート>

開館以来多くの名手が訪れ「リビング・ヘリテージ(生きた遺産)」となってきた音楽堂で、次世代につなぐ人類の至宝(ヘリテージ)となりうる名手たちによる音楽の真髄を、主催、共催とりまぜておとどけする2021年春からの新シリーズです。お得なセット券も発売。ぜひ「木のホール」の美しい響きで、世界一流の音楽をお楽しみください。

<2021年度ラインナップ>

Ⅰ. 4/9(金)オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル
Ⅱ. 5/1(土)コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)ベートーヴェンへの旅「悲愴」
Ⅲ. 8/29(日)アンサンブル・アンテルコンタンポラン
Ⅳ. 9/18(土)プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
Ⅴ. 9/26(日)イ・ムジチ合奏団
Ⅵ. 11/27(土)ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル
Ⅶ. 12/24(金)ゲルハルト・オピッツ ピアノ・リサイタル

※Ⅰ.4/9(金)オリ・ムストネン公演及びⅡ.5/1(土)コンスタンチン・リフシッツ公演は現在チケット販売を一旦休止しております。詳しくは個別公演ページをご覧ください。(2021年2月10日更新)

<お得なセット券> 発売日、価格の詳細は下記チケット欄をご覧ください。

●年間セット券 Ⅰ~Ⅶ  豊かな響きで多彩な室内楽の醍醐味を1年通してお愉しみ下さい!
●ピアノセット券 Ⅰ,Ⅵ,Ⅶ 3公演 いずれおとらぬピアノの巨人たちの超絶演奏をお聴き比べ下さい!
●アンサンブルセット券  Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 3公演 各分野で究極のアンサンブルを聴かせる世界一流の演奏をどうぞ!

※現在Ⅰ.4/9ムストネン公演及びⅡ.5/1リフシッツ公演は一旦販売休止のため除外して販売しております(2021年2月10日更新)


<開場・開演に合わせてJR桜木町駅から無料シャトルバス運行>

予約不要・運賃無料でJR桜木町駅前バスターミナルからシャトルバスを運行しています。乗り場はこちらをご覧ください。公演によって運行時間は違います。本公演の桜木町駅発車時間:①17:55 ②18:10 ③18:25 ④18:40 *①②のバスは開場前に音楽堂に到着します。


ご来場前に必ずお読みください。

神奈川県立音楽堂における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのお願い

出演

オリ・ムストネン(ピアノ)
Olli Mustonen, Piano

プログラム

J.S.バッハ:シンフォニア 第1番 BWV787 - 第15番 BWV801
J.S.Bach: Sinfonias No.1 BWV7877 - No.15 BWV801
ラウタヴァーラ:イコン op.6
Rautavaara: Icons op.6
ムストネン:魂の鳥
Mustonen: Sielulintu
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 op.13『悲愴』
Beethoven: Piano Sonata No.8 in C minor op.13, "Pathétique"
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 op.53『ワルトシュタイン』
Beethoven: Piano Sonata No.21 in C major op.53, "Waldstein"

*曲目等は都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。

プロフィール

オリ・ムストネン(ピアノ)
Olli Mustonen, Piano

 ラフマニノフ、ブゾーニ、エネスクといった偉大な作曲家の伝統を受け継ぎ、作曲家、ピアニスト、指揮者として一人三役での公演も行うなど非凡な才能を持つ、今日の音楽界において特異な存在である。
 ピアニストとしてこれまでに、ベルリン・フィル、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、シカゴ響、クリーヴランド管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、マリインスキー劇場管、パリ管、ロンドンの主要オーケストラと共演。世界各地でリサイタルを開催している。
 作曲家としては、2019年ヒンデミット賞を受賞。近年は、自作の《Taivaanvalot》をイアン・ボストリッジ&スティーヴン・イッサーリスと共にアムステルダムのミュージックヘボウ・アアン・ヘット・アイで初演、その後ウィグモア・ホールと香港でも公演を行った。ボン・ベートーヴェン音楽祭から委嘱された弦楽六重奏曲は2020年に初演された。
 2020年、トゥルク・フィルの音楽監督に就任。チューリッヒ・トーンハレ管のイン・フォーカス・シリーズのアーティストとしては、パーヴォ・ヤルヴィとの共演や自作のピアノ五重奏等を披露する。
 オンディーヌ・レーベルから、『レスピーギ:ミクソリディア旋法の協奏曲/ローマの噴水』(サカリ・オラモ指揮フィンランド放送響)や、プロコフィエフのピアノ協奏曲全集(ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送響)をリリース。イッサーリスとは30年以上にわたり共演を続け、2019年にはハイペリオン・レーベルより『ショスタコーヴィチ、プロコフィエフ、カバレフスキー:チェロ作品集』をリリースした。
 ヘルシンキ生まれ。5歳よりピアノ、ハープシコード、作曲を学ぶ。最初にラルフ・ゴトーニに、その後ピアノをエーロ・ヘイノネンに、作曲をエイノユハニ・ラウタヴァーラに師事。

チケット発売

料金

全席指定・税込 一般5,000円 学生3,000円
※現在いったん販売休止中

◎音楽堂ヘリテージ・コンサート セット券(各公演の一般券またはS席のお得なセット。公演ごとに座席指定)
※4/9ムストネン公演及び5/1リフシッツ公演は販売休止のため除く(2021年2月10日更新)
年間セット券(シリーズ全体 ムストネン及びリフシッツ除くⅢ.Ⅳ.Ⅴ.Ⅵ.Ⅶ.5公演)34,000円 ← 37,500円のところ
ピアノセット券(Ⅵ.プレトニョフ/Ⅶ.オピッツの2公演)10,500円 ← 11,500円のところ

●単独券 / 音楽堂ヘリテージ・コンサート 年間セット券 ピアノセット券 
KAme会員先行予約 1月26日(火)先行予約 1月28日(木)一般発売


*学生券はパシフィック・コンサート・マネジメント/チケットかながわ のみで取り扱い。
*音楽堂ヘリテージ・コンサート セット券はチケットかながわ のみで取り扱い。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。

公演詳細情報

パシフィック・コンサート・マネジメント

お問い合わせ

パシフィック・コンサート・マネジメント  03-3552-3831

主催

パシフィック・コンサート・マネジメント

あなたにオススメの公演