公演情報

神奈川県立音楽堂

音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ27

コンスタンチン・リフシッツ〈ベートーヴェンへの旅〉vol.2 「悲愴」
Konstantin Lifschitz, Piano
The Complete BEETHOVEN "Piano Sonatas vol.2"

公演日: 2020年04月26日(日)

Bookmark and Share

開演:15:00 (開場:14:30)

‟とてつもない天才”とともにめぐる、ベートーヴェンピアノ・ソナタの旅路

ベートーヴェン生誕250周年にあたる2020年、若いころから〝ホロヴィッツの再来”と注目され、音楽堂でも名演を聴かせたコンスタンチン・リフシッツが、首都圏の音楽ホール8館をめぐり‟楽聖“ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を演奏する一大プロジェクトを行います。

22年ぶりとなる音楽堂では「葬送」「悲愴」をじっくり聴かせてくれることでしょう。

今世紀の巨匠の呼び声高いリフシッツと共にめぐる〈ベートーヴェンへの旅〉8公演すべての会場でスタンプを集めると豪華プレゼントも。

詳細は 首都圏8館共同制作 コンスタンチン・リフシッツ 〈ベートーヴェンへの旅〉特設サイト

記者会見レポート

出演

コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)

プログラム

ベートーヴェン:作曲
ピアノ・ソナタ 第2番 Op.2-2 イ長調
ピアノ・ソナタ 第7番 Op.10-3 ニ長調
ピアノ・ソナタ 第12番 Op.26 変イ長調「葬送」 
ピアノ・ソナタ 第8番 Op.13 ハ短調「悲愴」

Beethoven, Ludwig van : Sonate für Klavier
Nr.2 A-Dur Op.2-2
Nr.7 D-Dur Op.10-3
Nr.12 As-Dur Op.26
Nr.8 "Pathetique" c-moll Op.13

プロフィール

コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ) Konstantin Lifschitz, Piano
1976年ウクライナのハリコフ生まれ。
5歳でモスクワのグネーシン特別音楽学校に入学し、タチアーナ・ゼリクマンのもとで勉強を開始した。
その後さらに、ロシア、イギリス、イタリアで、アルフレッド・ブレンデル、レオン・フライシャー、チャールズ・ローゼンなどに学んだ。
モスクワでのデビュー以来、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロンドン響などの有名オーケストラや、ロストロポーヴィチ、マリナー、ハイティンク、ノリントン、ユロフスキ、ヤノフスキ、スピヴァコフ、テミルカーノフなどの指揮者と共演。また、世界中の主要な音楽祭やコンサートホールでリサイタルを行っている。 
室内楽にも熱心に取り組み、コパチンスカヤ、クレーメル、ヴェンゲーロフ、ジョセフォウィッツ、マイスキー、ロストロポーヴィチ、ハレル、グートマン、レーピン、シトコヴェツキーなどと共演。2014年1月には、樫本大進との共演によるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集が、ワーナー・クラシックスからリリースされた。
膨大なディスコグラフィーには、彼の幅広いレパートリーが反映されており、その多くが極めて高い評価を獲得している。主なディスクには、バッハの「音楽への捧げもの」や「フーガの技法」、アイネムの協奏曲、ブラームスの協奏曲第2番とモーツァルトの協奏曲第18番などがある。なお「フーガの技法」は、何年にもわたって重点的に取り組んでいる作品である。またバッハ、シューマン、メトネル、スクリャービンの作品を収録したデビューCDは、ドイツのエコー・クラシック賞を受賞した。
2018/19シーズンには、ドミトリー・リス指揮ウラル・フィル、アンドレイ・ボレイコ指揮ナポリ・フィルと共演し、ハンブルク、モスクワ、ミラノ他多数でソロ・リサイタルを行う予定である。また、東京・春・音楽祭、ランチョ・ラ・プエルタの音楽祭、第12回マリインスキー国際ピアノ・フェスティバル、トランス=シベリア芸術祭、クトナー・ホラ音楽祭、ロンドン・ピアノ・フェスティバル等多数の音楽祭に招待されている。

近年は指揮者としての出演も頻繁にあり、モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、日本センチュリー響、イ・ソリスティ・ディ・ナポリ、ヴェルニゲローデ・フィル室内管、ヴィリニュスのセント・クリストファー室内管、ムジカ・ヴィーヴァ・モスクワ、ルクス・エテルナとブダペストのガブリエリ合唱団、ファールンのダーラナ・シンフォニエッタ、ホーエネムスのアルペジョーネ室内管と共演している。弾き振りでは、シュトゥットガルト室内管との共演でバッハの鍵盤楽器の協奏曲7曲全てをリリースしている。
ロンドンの王立音楽アカデミーのフェローであり、2008年からはルツェルン音楽大学の教授を務めている。

チケット発売

11月23日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
12月15日 : 一般発売

料金

全席指定 一般 5,000円 学生(24歳以下・枚数限定)2,500円 シルバー(65歳以上・枚数限定)4,500円

神奈川芸術協会 045-453-5080(平日10:00〜18:00/土曜10:00~15:00/日曜祝日休)
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード:168-876]
イープラス eplus.jp ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード:32122]

【予告】音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ2020-2021シーズン・セット券 1月発売予定
2020年
①4/26(日)コンスタンチン・リフシッツ(Pf)
②6/25(木)ギル・シャハム(Vn)
③10/3(土)クロノスノス・クァルテット テリー・ライリー「サン・リングス」日本初演
2021年
④1/30(土)⑤1/31(日)スティーヴィン・イッサ―リス室内楽プロジェクト
*2020年1月~期間・枚数限定で、上記シリーズ全5公演同時購入セット券をチケットかながわのみで割引販売予定。販売開始日、席種、価格等は決まり次第発表いたします。


お問い合わせ

神奈川県立音楽堂  045-263-2567

主催

神奈川県立音楽堂(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)

あなたにオススメの公演