公演情報

神奈川芸術劇場

ウースターグループ「タウンホール事件」
THE WOOSTER GROUP "THE TOWN HALL AFFAIR"

クリス・ヘジダスとD・A・ペネベイカーによる映画『タウン・ブラッディ・ホール』に基づく

公演日: 2018年09月29日(土)~2018年10月01日(月)

Bookmark and Share

ニューヨーク、ダウンタウンを拠点に、1975年結成以来、常に演劇と社会の関係を問い続け、ルールを破り続けてきた伝説の前衛劇団、待望のエリザベス・ルコンプト演出作品が初来日。
対決し火花を散らす女性解放運動(ウーマンリベレーション)と男性原理主義(マスキュリニズム)。白熱する議論、扇動。映像の再現を通じて、再創造され、再生される女/男、社会、世界。

1971年、ニューヨーク、タウンホールで行われた凄まじい女性対男性の討論会。
登壇者はノーベル賞候補ともなった作家ノーマン・メイラー。相対するは、全米女性機構ジャクリーヌ・セバロス、女性解放運動家ジャーメイン・グリア、作家であり同性愛者であるジル・ジョンストン、左翼文芸批評家ダイアナ・トリリング。さらに、かのスーザン・ソンタグも質問者のひとりだった伝説のシンポジウム。
その記録映画(ドキュメンタリー)をウースターグループならではの技法(テクニック)で今に蘇らせる画期的な演劇作品。
初来日を果たした2015年サウンド・ライブ・トーキョー『初期シェーカー聖歌』(ケイト・ヴァルク演出)で、圧倒的な存在感と衝撃を日本のアートシーンに与えたアメリカの誇る伝説の前衛劇団ウースターグループが、今回は、待ち望まれていたエリザベス・ルコンプト演出作品を引っさげて帰ってくる。KAAT神奈川芸術劇場が満を持してお届けする、この秋最大の話題作。お見逃しなく!

演出:エリザベス・ルコンプト
出演:エンヴァー・チャカルタシュ、アリ・フリアコス、
ギャレス・ホブス、グレッグ・マーテン、
エリン・マリン、スコット・シェパード、
モーラ・ティアニー、ケイト・ヴァルク

【日本語字幕上演】

Photo by Prudence Upton

主催:KAAT神奈川芸術劇場


THE WOOSTER GROUP "THE TOWN HALL AFFAIR"
Based on the film Town Bloody Hall by Chris Hegedus & D.A. Pennebaker

A long-awaited theatre performance by The Wooster Group, the legendary avant-garde theatre company based in downtown New York that has always questioned the relationship between theatre and society “breaking the rules” since 1975.

The women’s liberation movement confronts masculism. Heated dialogues and agitations. Women/men, society and the world are re-created and re-played through re-enactment of the documentary film.

An aggressive women-versus-men debate took place in The Town Hall, New York, in 1971.
In the panel was Norman Mailer, the writer who was even nominated for the Nobel Prize, and he was to be criticized by Jacqueline Ceballos of the National Organization for Women, women’s liberation activist Germaine Greer, lesbian writer Jill Johnston and leftist literary critic Diana Trilling. Even Susan Sontag was in the floor of this legendary symposium. The Town Hall Affair is a groundbreaking theatre performance that revitalizes the documentary film of this debate through the Group’s unique technique. The Wooster Group made a huge impact on the Japanese art scene with their Early Shaker Spirituals (directed by Kate Valk) in Sound Live Tokyo 2015, their first performance in Japan. This time they come back with a long-awaited, theatre performance directed by Elizabeth LeComte. KAAT Kanagawa Arts Theatre finally presents this absolute must-see in fall 2018. Never miss it!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Directed by Elizabeth LeCompte

With performances by Enver Chakartash, Ari Fliakos, Gareth Hobbs, Greg Mehrten, Erin Mullin, Scott Shepherd, Maura Tierney and Kate Valk

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KAAT Kanagawa Arts Theatre, Large Studio

Tickets  Advance……4,500 yen 
Door……5,000 yen (all non-reserved seats, admission in the order of the ticket purchase number)
Online sales for Kame members start on July 6 (Fri)
All sales start on July 7 (Sat)
Inquiry: Ticket Kanagawa (0570-015-415)

http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/howto_en

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 

チケット発売

07月06日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
07月07日 : 一般発売

会場

大スタジオ

公演スケジュール

9.29(土)19:00、
9.30(日)14:00◎/18:00
10.1(月)19:30

◎印の回は託児サービスあり。
 公演1週間前までに要予約・有料。
(マザーズ・TEL. 0120-788-222)

料金

入場整理番号付自由席
▼一般
前売:4500円 
当日:5000円

▼U24チケット(24歳以下)
2,250円
▼高校生以下割引
1,000円
▼シルバー割引(満65歳以上)
4,000円
※割引チケットは7/7よりチケットかな
 がわの電話・窓口のみ取扱い。
 (前売りのみ・枚数限定)
※車イスでご来場の方は事前にチケット
 かながわにお問合せください。
※未就学のお子様のご入場はお断りして
 おります。



あなたにオススメの公演