公演情報

神奈川県民ホール

Ferris Concert Vol.64

フェリス・音楽の花束

声をあわせるよろこび

公演日: 2017年05月30日(火)

Bookmark and Share

開演:19:00 (開場:18:30)

山下町の神奈川県民ホールから徒歩15分の山手の丘にあるフェリス女学院大学。
その音楽学部によるコンサートが「フェリス・音楽の花束」です。
毎年、演奏学科・音楽芸術学科それぞれが企画に工夫を凝らし、
第一線の演奏家でもある先生方の演奏で文字どおり「花束」のような多彩なプログラムを楽しめます。

Vol. 64となる今回は、「声を あわせる よろこび」と題して、
前半はモーツァルトのオペラの重唱曲、後半はマーク・ヘイズのゴスペルを重唱でお届けします。
美しいハーモニーを、たっぷりとお楽しみください。

出演

山村尚子 (Sop) 牧野真由美 (Mez) 土崎 譲 (Ten) 星野 聡 (Bar)
立神粧子 (Pf)

プログラム

第1部 モーツァルトのアンサンブル
歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より
 レチタティーヴォ「何と恐ろしい光景が、おお神よ」
~二重唱「行って、ひどい人、出て行って!」
 二重唱「あそこで手を取り合って」
 四重唱「信用してはなりません、お気の毒な方」
 アリア「私の恋人を慰めて下さい」
歌劇『フィガロの結婚』より
 小二重唱「お先へどうぞ、気のきいた奥様」
 アリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」
 アリエッタ「恋とはどんなものかしら」
 レチタティーヴォ「スザンナは来ない!」
~アリア「楽しい思い出はどこへ」
歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より
 三重唱「風よ穏やかに」
 二重唱「この心をあなたに差し上げましょう」
 二重唱「まもなく誠実な許婚の腕に」

第2部 ゴスペルをクァルテットで
曲・詞:M. ヘイズ
 「歌え 栄光を」
 「永遠のみ国へ」*編曲
 「すべての事には時がある」
 「栄光ある 大いなる喜び」
 「光の子として歩みなさい」
曲・詞:M. ナイストローム/編曲:M. ヘイズ 
 「谷川の水を求めさまよう鹿のように」

チケット発売

05月12日 : 一般発売

会場

小ホール

料金

全席自由1,000円/高校生以下無料
オープンカレッジ生・卒業生500円/フェリス女学院大学学生・教職員 無料
※チケットかながわでのお取扱いは一般(全席自由1,000円)のみとなります。

お問い合わせ

フェリス女学院大学演奏委員会室  045-681-5189

主催

フェリス女学院大学音楽学部

あなたにオススメの公演