公演情報

神奈川県立音楽堂

神奈川芸術文化財団 芸術監督プロジェクト

ミュージック・クロスロード

公演日: 2018年01月20日(土)

Bookmark and Share

開演:14:00 (開場:13:30)

音楽監督 一柳慧(神奈川芸術文化財団 芸術総監督)
空間監修 白井晃(KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督)
日本が西欧近代世界と出会って150年。芸術はいま、どこに立っているのか?
世界を舞台に活動する一柳慧が選ぶ三世代の作曲家。
チェロ、ピアノ、筝。三つのコンチェルト。
ル・コルビュジエの弟子・前川國男による名建築、 神奈川県立音楽堂で、神奈川芸術文化財団芸術総監督・作曲家の一柳慧が音楽監督、 KAAT神奈川芸術劇場芸術監督・演出家・俳優の白井晃が空間監修を行う。
異なるフィールドで舞台芸術の先端を生きる二人が、出会うプロジェクト。
このコンサートはいくつもの出会いを映す交差点(クロスロード)となる。

 

プログラム

森円花作曲「音のアトリウムⅢ~独奏チェロとオーケストラのための~」(2018) *チェロ:上野通明

「20歳の頃無我夢中で書き上げた作品。
 より強い伝達力をと改訂し、音楽堂でのたった一度きりの熱い化学反応が起こると確信している 」(森 円花)

©︎Shigeto Imura

一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第6番《禅ーZEN》」(2016) *ピアノ:一柳慧

 「自作のピアノ協奏曲では初めて内部奏法を使った作品。ピアノは鍵盤楽器だが、何も鍵盤ばかりに拘束される必要はない! 」(一柳 慧)

 

山本和智作曲「3人の箏奏者と室内オーケストラのための『散乱系』」(2015/2017) *筝:平田紀子、寺井結子、中島裕康

「その大仕掛けゆえ、再演困難と思っていた作品。
 木のホールすべてが楽器になる瞬間を、是非ご体験ください」 (山本 和智)

 

 

出演

杉山洋一(指揮)
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
一柳慧(ピアノ)、上野通明(チェロ)、平田紀子、寺井結子、中島裕康(箏)

プログラム

森円花作曲「音のアトリウムⅢ~独奏チェロとオーケストラのための~」(2018)
一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第6番《禅ーZEN》」(2016)
山本和智作曲「3人の箏奏者と室内オーケストラのための『散乱系』」(2015/2017)

プロフィール

■山本和智(作曲)
1975年山口県生まれ。独学で作曲を学ぶ。オーケストラ、室内楽、アンサンブル、合唱、独奏曲、映画音楽など作曲活動は広範に亘り、作品は東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団等の演奏団体・演奏家らによって日本をはじめカナダ、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、アメリカ、マレーシア、ロシアなど広く演奏されている。2006年モリナーリ国際作曲賞第1位(カナダ)、2007年AIC/Mostly Modern国際作曲コンクール第1位(アイルランド)、2009年度武満徹作曲賞第2位(審査員:ヘルムート・ラッヘンマン)、2010年第5回JFC作曲賞(審査員:近藤譲)、2011年第6回ユルゲンソン国際作曲賞第2位(ロシア)、TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL-SOUND,ART&PERFORMANCE vol.7奨励賞受賞など作品は国内外問わず高く評価されている。和光大学表現学部総合文化学科非常勤講師。

■森円花(作曲)
1994年生まれ。2014年、20歳で第83回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽部門)第2位。在学中、学内オーケストラ作品選考で選出され、桐朋学園大学オーケストラグリーンホール定期演奏会に出品。2010年第32回桐朋学園作曲科成績優秀者による作品展に出品。2012年~2017年同作品展に出品。韓国で開催されたNong Projectに派遣生として、武生国際音楽祭に奨学生として参加し研鑽を積む。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学卒業。2017年、同大学研究科修了し、同年より桐朋学園大学非常勤講師として後進の指導にあたる。作曲を三瀬和朗氏に師事。尾高惇忠、湯浅譲二、エリック・タンギー、金子仁美、イヴァン・フェデーレ、細川俊夫、ステファノ・ジェルバゾーニの各氏のレッスンを受ける。

■杉山洋一(指揮)
1969年生まれ。桐朋学園大学作曲科を経て、95年イタリアに留学。指揮者として2000年のアンサンブル・モデルンのツアーを皮切りに、ウィーン・モデルン、パリの秋、ミラノ・ムジカ、ベルリン芸術アカデミーなどの音楽祭で、オーケストラ・ミラノ・ムジカ、クラングフォーラム・ウィーン、レミックス・アンサンブル、ベルリン・ノイエ・ムジーク室内アンサンブル、アルター・エゴ等の現代音楽アンサンブル、オーケストラを指揮してヨーロッパ、アメリカのコンサートホール、劇場に出演している。日本では東京都交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京混声合唱団等を指揮。オペラではヴェルディ「オテロ」(高松)、モーツァルト「魔法の笛」(仙台、白河)、カザーレ「チョムスキーとの対話」(ボローニャ)、メルキオーレ「碁の名人」(ヴェローナ)、細川俊夫「大鴉」(ボルツァーノ)等を指揮。
指揮をエミリオ・ポマリコ、岡部守弘の各氏、作曲を三善晃、フランコ・ドナトーニ、エミリオ・ポマリコに師事。第13回佐治敬三賞、第2回一柳慧コンテンポラリー賞受賞。現在ミラノに住み、ミラノ市立クラウディオ・アッバード音楽院で教鞭をとる。

チケット発売

10月17日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
10月20日 : 一般発売

料金

一般4,000円 特別ペア7,000円 U24(24歳以下)2,000円  全席指定(税込)
*特別ペア、U24は枚数に限りがあります

助成

平成29年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

託児サービス

託児料:お子様1人あたり2,000円
(お問い合わせ/お申し込み)マザーズ 電話0120-788-222(土日祝日をのぞく10時~12時、13時~17時)公演1週間前までに要事前予約。

お問い合わせ

神奈川県立音楽堂業務課  045-263-2567(9:00~17:00 月曜休館)

主催

神奈川県立音楽堂[公益財団法人神奈川芸術文化財団]

あなたにオススメの公演